現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品名を入力

カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

商品コード:
rich-powder

アルギン酸20kg

販売価格(税込):
75,000
メーカー:
富士化学工業
関連カテゴリ:
食品添加物 > 増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊剤

中身

白〜淡黄白色粉末。

アルギン酸とは

アルギン酸は、構成糖であるウロン酸のカルボキシル基が遊離酸(-COOH)のかたちになった酸性の物質です。アルギン酸は水に溶けないので、それだけでは増粘剤、ゲル化剤としては機能しません。アルギン酸を水に溶かすには、アルカリを加えて中和してやる必要があります。アルギン酸は、NaやKなど1価の金属イオンと塩を作って初めて水に溶けます。一方で、CaやFeのような、多価金属イオンと塩を作った場合は、水に溶けなくなります。したがって、一般に増粘剤、ゲル化剤として流通しているアルギン酸は、正確にはアルギン酸ナトリウムであることが多いのです。

1.コレステロールの体外排出作用

動物実験で食餌にアルギン酸を添加すると血清コレステロール、肝臓中のコレステロール、総脂肪および総脂肪酸濃度において上昇を抑制する効果が確認されています。

2.食塩の排泄作用

同じく動物実験で、食餌にアルギン酸を添加することによりナトリウムの排泄が多くなることが確認されています。

3.整腸作用

アルギン酸のもつ含水性と潤滑効果により、きわめて整腸効果の大きいことが解明され、すでに整腸薬として利用されています。

4.ノンカロリー性

肥満の害が叫ばれている昨今、アリギン酸は海藻多糖類に属しノンカロリーです。ダイエット基材としても利用されています。

食品利用の特徴

  • 1.小麦粉、でん粉等の改質として優れた効果が得られます。
  • 2.耐油性がある為、油切れが良く油っこさが改善され美味しくなります。
  • 3.他の増粘多糖類と比較して生物学的に清潔です。一般的な増粘多糖類の生菌数と比較してこのアルギン酸は1/100〜1/1000です。
  • 4.健康保健上非常に優れた効能を持っています。
  • 5.安全性については海藻抽出物であるため、安心してご利用いただけます。
  • 食品への添加物表示

    アルギン酸または増粘多糖類(他の増粘多糖類と併用の場合)尚、使用基準はありません。
    数量:

    この商品に対するお客様の声

    この商品に対するご感想をぜひお寄せください。